NEWS

2022.04.15(金) 12:00
開発者レターVol.1

いつも『カウンターサイド』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2021年12月16日の正式サービス開始より、日頃から多くの社長の皆様の応援のおかげでサービス開始から100日を迎え、現在も継続してサービスを続けることができています。

その中で日々社長の皆様からいただくご意見やご要望、ご感想については各種SNSやお問い合わせなどで拝見しております。
メインストリームや外伝、イベントエピソードなどのストーリーやキャラクターデザイン、ロビー画面のカスタマイズ性など様々な面をご評価いただいている一方で、既に実装されているコンテンツや今後のアップデート内容に関する改善のご意見やご要望も多くいただいていることを確認しています。

特に直近では今後実装予定の「再武装」や、「新規ユニットの実装ペース」などについて多くのご意見をいただき、カウンターサイド開発・運営チーム一同重要な課題と認識しています。

そこでカウンターサイド開発チームより、「再武装」や、各種アップデート、日々社長からいただいているご意見、ご要望に対する今後の方針や、現状検討している内容について、開発者レターという形でお伝えさせていただきます。


①再武装について

「再武装」は覚醒以外の一般ユニットが覚醒ユニットのスペックに近づくための手段の一つであり、覚醒ユニットが中心となっているゲーム環境に変化をもたらすことを意図して実装するコンテンツとなります。
PvPだけでなく高難易度PvEの攻略における覚醒ユニットの依存度を下げる役割を果たしており、これは先行アップデートが行われた海外サービスのプレイヤー攻略状況に基づいて数値に現れている情報となります。

しかし、日本サービスにおける再武装の実装時期について多くの懸念を示してくださっている皆様の気持ちは十分理解でき、再武装を行う負担を補うため、関連素材を支給する様々なイベントを4月20日のアップデートとともに進行ができるよう、さらに補強する予定です。

また、再武装ユニットの実装間隔を緩やかに調整し、成長に必要な素材や財貨が採用にて獲得するユニットとも分配されるよう調整いたします。

もう一点、再武装ユニットの実装によるPvP(ランク戦)におけるバランス面を懸念する声についても確認しております。
先行アップデートが行われている海外サービスの状況から一部再武装ユニットの強力さについても熟知しており、既存ユニットの持続的なバランス調整と改編を通じてメタ循環とバランス不均衡を解消しようとたゆまず努力しています。

その中でも特に、シャオリンの再武装タイプの1つであるタワークラスの「シャオリン:ネストキーパー」によるPvP(ランク戦)環境のバランス崩壊を懸念する声を多く寄せていただいております。
このようなご意見に対して開発チームでも重く受け止め、追加検討を進めており、4月20日の再武装実装時のアップデートでは「シャオリン:ネストキーパー」を除いて実装し、PvP戦略の多様性のためのユニットプールがある程度備わる時期を選定した上で、再び「シャオリン:ネストキーパー」の実装時期を設定していきたいと考えております。

 

②新規ユニットの実装ペースについて

カウンターサイドはメインストリームやイベント、外伝などストーリーコンテンツをアップデートの中心軸としており、新規キャラクターの登場時期がそれらと強くつながっています。
他国でのサービスでは2年目を迎えているため、日本版では未実装のストーリーコンテンツが多く用意されており、少しずつアップデートしても2022年末まで絶え間のないアップデートが可能な状況です。

まずはこのような先行サービスと日本サービス間のコンテンツ格差を減らし、鮮度と完成度の高いコンテンツを先行サービスと6ヶ月間隔まで縮めることを目標としているため、スピーディーにストーリーコンテンツを実装しており、それに伴いユニットもスピーディーに実装されている状況です。

ただし、上記の状況による新規ユニットの実装数が多いとのご意見については重要視しており、出勤チェックや各種イベント、そしてピックアップ採用の復刻周期と分量を素早く循環させて、最大限緩和する計画を検討しております。

新規ユニットにつきましてはストーリーをまずお楽しみいただき、ピックアップ採用の復刻などをご考慮いただきながら各ユニットの獲得を行っていただけますと幸いです。
 

③ガントレット(ランク戦)の環境について

覚醒ユニットによるバランスの問題でご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。
PvPにおける覚醒ユニットの制限については、過去から様々なアイデアが寄せられ、開発内部でも幾度となくテストと検討を進めてきましたが、現状は明確に改善できる案を見出せておりません。

覚醒ユニットはある程度戦略の中心軸の役割を果たしており、コストが重いため覚醒を中心とした一般ユニットの構成によって戦略指向性に差が出るようになります。
サービス初期にはユニットプールが十分ではないため、このような戦略の多様性以前に覚醒ユニットの存在がより浮き彫りになっており、上記の新規ユニットの実装ペースの話にもつながりますが、一定量のユニットプールが達成されるまでユニットの実装を迅速に進めている次第です。
少なくとも6体以上の覚醒ユニットが実装され、様々な変化を引き出すユニットが実装されると予定している2022年6月頃になると、現在よりも改善された環境を体感することができると考えております。

迅速な解決策を提示することができず申し訳ございませんが、地道にコンテンツとイベントを企画してプレイ満足度を維持できるよう努力してまいります。

また、それ以外にもマッチングに関するご意見を多くいただいていることも把握しております。
シーズン序盤に速いスピードで上位に上がったり、シーズン後半に中下位圏の点数台に留まったりする場合、プレイパターンが似ている同一の相手とのマッチングが頻繁に行われています。
これを散開するための方法をいくつか検討してみましたが、結果的にマッチング頻度と多様なプレイ経験の中から、現在はマッチング頻度の方を少し優先しています。
これは、カウンターサイドのガントレットをプレイされている方の成長は、上向きに平準化する時期に入り、少しずつ上昇する形となっているためです。
ただ、頻繁な同一相手とのマッチングやアビュージングなどを考慮し、デイリーで同一相手とのマッチング頻度を制限するなど、アイデアについては前向きに検討していきたいと考えております。
 

④スキンについて

一部のコラボスキン以外のスキンは、4月27日予定のアップデート以降、期間限定販売から新規追加時より常時販売に変更することを検討しております。
これにより期間制限の圧迫を減らし、より多くのスキンを好きなタイミングでご購入いただける環境を整えたいと考えております。
 

⑤バイナリーアイテムについて

バイナリーアイテムに関して、セットバイナリーが足りない、獲得量に比較して消費量が多い、望むセットオプションがつかないなどのご意見を多くいただいていることを確認しております。

ただ、装備の完成はゲームの最終コンテンツであり、セットバイナリーはあくまでセットオプションをより早く合わせることができる手段の一つであるため、コンテンツを通じた装備の反復獲得を優先して推奨しています。
今後装備の繰り返し獲得が可能な様々なコンテンツのアップデートを予定しておりますので、より装備のセットオプションの厳選が行いやすい環境を整えたいと考えております。
 

⑥装備のコンテンツ別プリセットについて

4月27日予定のアップデートにて、装備プリセットの改修アップデートを行う予定です。
そこでコンテンツ別のプリセットを設定してご利用いただけますと幸いです。
 

⑦チャット機能について

現在、協力会社やコンソーシアムメンバーとの1:1チャット機能は前向きに検討しており、2022年内実装を計画中です。
 

⑧ガントレット(親善試合)の拡張について

親善試合の機能は4月中に拡張を行う予定で、装備装着の有無、成長の平準化、BAN&UPの適用などが選択できるようにする予定です。



すべてのご意見、ご要望について見解を回答できず申し訳ございませんが、直近で多くいただいていたご意見に対する今後の方針や検討している内容についてお話させていただきました。
今後も社長の皆様からいただく貴重なご意見に関しては開発・運営チームで検討し、社長の皆様と共に一丸となってカウンターサイドを盛り上げていきたいと考えております。

改めましてサービス開始から100日を迎え、日々のアップデート、そして今後ハーフアニバーサリーなどのイベントに向けてより社長に楽しんでいただけるサービスの準備を進めてまいりますので、今後ともさらなるご愛顧のほどをよろしくお願いいたします。

『カウンターサイド』開発・運営チーム